RSS
Admin
Archives

くるくる自転車女

神奈川在住。2010年からロードバイク乗りに。自転車、ときどき山、ときどき旅・・・。

プロフィール

キナツ

Author:キナツ
ロングライドが楽し~い!
下り坂、向かい風に弱い。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
15
Category : イベント
友人の「書き初めやりまーす!」の掛け声に集まった。

昨今は文字を書くことが激減している。
ましては毛筆などは何十年も握っていない。
ちょっと面白そうだ。

参加者は友人の知り合いが先生をしている書道教室の生徒・小学校3年生くらいまでの女の子達と我々大人グループ。
書道教室の生徒達はまじめに書いているが、
我々大人グループは何を書くかで大いに盛り上がる。

久々に大きな字を書くと、意外と文字そのものを忘れていることが分かった。
左にはらうのを右にはらったりして、もう創作文字になっている・・・。
大丈夫なのか?!大人たち!


まず、近々の希望

DVC10171_M.jpg
親知らずを抜くことになったので、どうか痛くならないようにという願い・・・。


そして、今年はこんな風に生きたい。

DVC10172_M.jpg




他の皆さんはどんなことを書いたのか?というと、

・過去との決別 (何か辛いことでもあったのでしょう)
・大器誉殺 (部下は大きな器で、誉めて伸ばす・・・を実践したいらしい)
・快眠快便快笑 (健康的だね)
・断捨離 (捨てたいものがあるんですね・・・)
・苦渋の決断 (何を決断したんでしょうか?)
・老化防止 (同意見)



そんなこんなで・・・、正月以来自転車には乗れてませ~ん。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011.09
25
DSC05516.jpg
9月の連休後半は、毎年横浜で開催されいている「YogaFest2011」に初めて行ってみた。
自転車で言うところの「サイクルモード」のようなイベントである。


パシフィコ横浜を目指す。もちろん、自転車で!


200キロを走った後では、横浜など目と鼻の先なのである。
今までう辛かった坂道も難なくクリア。
峠修行は効果抜群であった。
DSC05497.jpg
ヨガマットをグサッとリュックに刺し(リュックには収まらない)、レッツゴー。
ヨガマットはちょっと重いのが玉に瑕なのである。


来年このイベントに参加できるかどうか分からないと思ったら、
レッスンを多く取り過ぎ・・・。
またしてもへとへとな連休となってしまった。
おそらく今迄で一番ドッグポーズを行った日だと思う。
お蔭様で腕に力が入りません。

散々動いた後、一番最後に逆立ちのポーズをさせるとは・・・
腕に全く力が入らず、出来ませーん

周りの人々はどうかというと、皆オシャレ・ヨガウェアをびしっと着こなしていらっしゃった。
そんな姿にひるむ私。
Tシャツとジャージで参加する人はほとんどいない。
いいのだ、服が重要ではないから。
・・・といいながら、出店コーナーでちょっとだけ購入
DSC05511.jpg

良い情報も得られ、さらに筋肉痛も得られた3連休であった。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
2011.08
31
Category : イベント
Theme : お菓子
Genre : グルメ
大阪の方からお土産を戴いた。

「白い恋人」といえば、言わずと知れた北のお土産。


大阪では・・・























DSC05381.jpg

思わず「面白い!」と言ってしまった!
ナイスネーミング!

さすが大阪。
お笑いには手厳しく、恋人にも面白さを要求されるようである。


中身はフツーにゴーフルです。
DSC05382.jpg


8月総走行距離:222.80

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
2011.08
13
Category : イベント
DSC05320.jpg
今週も車の運転練習。
前回は盛り沢山の教習メニューとなっていたが、
今回は内容をぐぐっと絞って、より実践的な街中教習となった。

本日のレンタカーはラクティス。
車種が変わると操作の配置が違い、動く前から焦る。
アクセルやブレーキの踏み込んだ感じも違う。
前回のマーチのアクセルは軽かった。
慣れるまでが初心者には一苦労なのである。

<本日の課題>
1.いまひとつ動きに問題があるカーブ克服
2.重要課題の車庫入れ

今回は友人の家にものを取りに行くというミッションも加え
それまでの道のりを必要以上に曲がりながら進んでいく。
これはカーブ克服のために教官が用意してくれたメニューである。
カーブを失敗すると、ぐるっとまわって元に戻りやり直しをさせられる。

度重なるカーブにいささか疲弊しながら、つい弱音を吐き
「真っ直ぐ走りたいです・・・」
と真情を吐露したところ、
「ダメです!」
と。そして、
「車庫入れ50連発!」
と。
わーーい
愛のムチ。
弱点克服のためには、甘えは許されない。

途中、路地で車庫入れ教習。
最初は道路で車庫に入れるとイメージしながらトレーニングをし、
次に実際のお店の駐車場にて実践。
同じ場所で何度もうろうろしていたため、少々怪しまれたかもしれない。
何度か続けているうちに、なんとなく?ではあるが慣れてきた。
ただし誘導があればのお話であり、
自立の道はまだまだ遠い。

今回は時間も前回と比べて短く、距離も55キロしか走っていないが、
前回とは別の疲労が・・・。



終了後、お疲れ様飲み会のあと、友人が
「ここには行っておくべきだ」
というお店があるということで、入ってみる。
立川にある「STAND BAR 潮」というお店であった。
入口にある手書きの看板が大変味がある。
階段を下り、地下のお店の扉を開けるとOld Barの良い雰囲気が漂っていた。

創業昭和25年。生れも育ちも立川の通称“JIMMYさん”というマスターは御年84歳!
少々歩行が辛そうであったが、現役バリバリであり、
日本のバーテンダーの中で最高齢であると御本人談。
戦後の立川について語ってくださった。
このように戦後の厳しい時代を語れる人は
どんどん少なくなっていくのだな・・・としみじみ思った。

お酒に酔い、粋なマスターに酔った立川の夜であった。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村


2011.08
07
Category : イベント
きょうは、2りんしゃではなく、
4りんしゃのうんてんのれんしゅうをしました。


普通免許を取得してかれこれ十数年。
教習所を卒業してから、
一度も運転していないという純粋なペーパードライバー、私。

あるきっかけで
再度運転できるようになろうかと思い立ち
会社帰りにコツコツ「ペーパードライバー教習」に通った。

そろそろデビューしてもよいのではないだろうか?
そう思い、友人を教官役をお願いした。
まあ、まったくもってお願いされたくない“お願い”だ。

目的地を河口湖に設定し、
・駐車練習
・高速教習
・山道教習
などなど・・・ちょっと欲張っていろいろ体験コースを組んでみた。


レンタカーを借りて出発~!
運転席に座ってからやっと気づく。
はて???一体どんなタイミングで地図やナビを見るんだ???
そういえば教習所では、
先生に「次を右」「左」と指図されて走っていただけだった。

そんなわけで、友人にナビってもらう。
そろ~り、恐る恐るアクセルを踏む。

「遅い!もっと踏んでいこう!踏んでいこう!

そう。時速15キロ・・・。遅すぎます。

途中のコンビニで駐車の練習。
もっとも苦手とする科目だ。
前回の教習所での駐車科目では、ハンドルを切りすぎて、
もうどっちに切っているのか分からずじまい。。

「今日はもうお時間ですね~」

結局車庫入れできず、時間切れ。凹む。

友人に教官役からポール役にチェンジしていただき、
轢かないように車庫入れ練習。
う~ん。相変わらず感覚がよく分からない

八王子ICから高速教習にはいる。
合流地点では
「こわいよぉーーーあ゛ーーーーっ」
と雄叫びを上げながら進入。
そして恐怖の車線変更練習。

河口湖までは山々に囲まれた気持ちのよい景色であるのだが、
景色を見る余裕などまったく無し。
ちょっと混雑した高速(低速?)教習が終わり、河口湖に到着。

河口湖まで渋滞で、まったく進まない。
そんな中、ローディーの皆さんもたくさん見かけた。

いいなぁ~・・・やはり自転車がよいなぁ・・・
そんな皆さんを羨ましく思いながら、
今度は河口湖から山中湖へ移動する途中のことであった。
ものすごい集中豪雨が!!!
急遽、集中豪雨教習となった。
ワイパーを最速にしてもなんだかよく見えないほどの豪雨!!!
そして心の中では
「ローディーの方々はご無事だろうか・・・」と案じた。

渋滞のおかげで15:00過ぎにようやく山中湖でランチ。
DSC05312.jpg
店からの山中湖。
他の写真を撮るココロの余裕がまったく無かった。


山中湖からは道志みち経由で帰る。
もう後の祭りだが、初心者が通る道ではなかった。
細い山道のすれ違いに恐怖を抱いたり、
危うく山から落ちそうなぎりぎり加減だったり、
この道を選択したことを深く後悔した。
何故この道を選んだかというと、いつかは自転車でこの道を走ってみようと思っていたためで、
下調べの意味もあった。
自転車も何台か走っていたが、
結果として・・・
1台自転車に抜かれた私運転の車・・・。

渋滞を引き起こす、もっとも迷惑な車である。
(後続車にはちゃんと途中で先に行っていただきましたm(_ _)m)

渋滞と運転技術の無さのおかげで、
予定時間を1時間過ぎてスタート地点に到着。


友人も恐怖体験をさせられ、さぞかし疲れたことだろう。
休憩も含めて9時間運転!
終了後のビールは
疲労も重なって、五臓六腑に染み渡ったのであった

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。